in インストラクターの日々

いつでも笑顔

-0 COMMENT


いつでも、どんな人でも笑顔で受け入れる。




聴覚障害の方にルーシーを指導して数年が経ち

今はもう少し深く学びたいとの事で

インストラクターとして学び始めて下さっております。


私の手話は上達しておりませんので

筆談と感覚、空気で指導しております。


聴覚障害者は受け入れてもらえなかった。

色々な所に電話して聞いたけれど

無理だった。

と、通訳者の方が言っておりました。


なぜ?


確かに教える側も不安があるかもしれません。

しかしきっと相手も不安でしょう。


同じ。


ならば

一緒に一からスタートすれば良い。


心と心を繋ぐ。

自分が心を開き、近寄る。

相手も心を開き、近寄ってくる。

この繰り返しでヨガ=繋がる。

ヨガはサンスクリット語で繋がる、結ぶと言う意味。


良いか?悪いか?出来るか?出来ないか?ではない。


その問いはその後の話。



だから、先ずは繋がってみよう。

ここから始めよう。




ではでは



スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment